デンマーク・スカルスからロスキレまでの道中

10 16, 2017
デンマークの旅。

いよいよ、スカルス手工芸学校を出発する朝がやってきました。
その日は朝靄で辺りの景色はより叙情的でした。

IMG_20170923_074517.jpg

IMG_20170923_074734.jpg

IMG_20170923_074645.jpg

朝食のあと、荷物をまとめて出発。
デンマーク人のクラスメイトたちはほとんどが友人同士で車で来ていたため、前日の夜までに帰宅する人が多数。
せっかく出会って仲良くなった人たちを、1人、そしてまた1人と学校を去っていくのを見送るのは涙が出そうなほど寂しかったです。

朝のうちにヴィボー駅に向かうバスを待つのは私の他に友人になったアイスランド人のお二人。
そして長期留学中のHさんはバスが来るまでいっしょに待っていてくれました。
IMG_20170923_090544.jpg

朝靄のために蜘蛛の巣がこんなに美しい姿になっていました。
自然が作った芸術。感動的。
IMG_20170923_090502.jpg

バスが来るまで4人でおしゃべりしたり、記念撮影したり。

そうして、Hさんとはまた次の再会を約束し、スカルス手工芸学校をあとにしたのでした。

バスはヴィボー駅に到着し、アイスランド人の友人たちはすぐにコペンハーゲンへ向かうとのこと。私はヴィボーの街を散策したかったのでここでお二人とはお別れです。
お互いに出会えたことを喜び合いながら、それぞれの行く道へ。

ヴィボー駅にはコインロッカーがありませんでしたので、荷物をゴロゴロ運びながらの散策でした。
IMG_20170923_104221.jpg

商店が立ち並ぶ通りを歩き、前もって留学生に教えてもらっていた生地屋さんへ。
一番欲しかったボッケンズのリネン糸はあいにくお店にはなかったんですが、可愛い生地を見つけたので購入。次の小さなお洋服作りに使います。

IMG_20170923_104208.jpg

デンマークは自転車王国。
そんな国の街のあちこちで見かけたのが、この自転車。デンマーク版ママチャリといったところでしょうか。これなら乗っている子どもは安全ですよね。
IMG_20170923_104203.jpg

そろそろ時間が来たのでヴィボー駅に戻り、世界遺産のある次の街ロスキレに向かいます。
ヴィボーからオーフスに向かう列車内に設置してあったフックとコンセント。ここでスマホなどを充電できるようです。
IMG_20170923_121239.jpg

オーフスからロスキレまではこんなフォルムの列車に乗りました。前面ゴム張り?みたいな。
IMG_20170923_144026.jpg

ユトランド半島から海を渡り、シェラン島に移動します。
IMG_20170923_153925.jpg

いよいよ旅も終盤。ロスキレへ。

つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
拍手&コメント、とても嬉しいです。


拍手コメント(鍵付きでない)には出来る限りお返事したいと思っていますが
遅くなる時もあります。ごめんなさい。
いただいた拍手コメの後ろにお返事書いています。
スポンサーサイト

デンマーク・フォルケホイスコーレでの生活.3

10 14, 2017
デンマークの旅。

デンマークのフォルケホイスコーレ・スカルス手工芸学校で受ける授業もとうとう最終日。
最初はゆっくりと感じた時間も、この頃はビュンビュン過ぎていく感じがしました。
IMG_20170922_124333.jpg

私の部屋から見えるこの景色とももうすぐさよならかと思うと寂しくて。
IMG_20170922_124315.jpg

部屋の机。ここでも1人、刺繍の復習したな。
IMG_20170922_082534.jpg

素敵なアンティークレースの飾ってあったこの部屋とももうすぐさよなら。寂しい思いが募っていましたっけ。
IMG_20170922_082036.jpg

学校のあちらこちらにさり気なく飾ってあった花。
ちょっとした気遣いに心の豊かさを感じました。
IMG_20170920_165034.jpg

朝のティータイム。
IMG_20170921_101452.jpg

お昼のティータイム。
IMG_20170921_144309.jpg

最後の夜にいただいた夕食。スープが美味しかったな。
IMG_20170922_180654.jpg

この学校で作った刺繍作品3作目は私がデザインしました。わからない技法は先生に教わりながら製作。
これはまだ未完成の状態でしたが、帰国後、縁にも装飾の刺繍をして完成させました。
IMG_20170922_153858.jpg

最後の夜にクラスメイト全員の全ての作品をお披露目する時間がありました。
学校の先生や生徒たち、留学生みんがが見に来てくださいました。

一週間の留学生活はあっという間。
太陽が沈んでいく空を見ながら、とても寂しい気持ちになりました。
もっとここにいたいなあ・・・と、そんなことを思って。
IMG_20170922_080839.jpg

こんなに充実した時間を、しかもストレスのない穏やかな気持ちで過ごしたことなんて、子どもの頃以来ではないかしら?
きっとまた来る。そう思いました。希望が叶うなら毎年。
IMG_20170922_080549.jpg

みんなの作品お披露目のあと、
学校の先生やクラスメイト、また別のコースで学んでいた生徒の皆さんたちといっしょに
ワインを飲んで楽しいおしゃべりの時間がありました。
IMG_20170922_191736.jpg

そうして、翌朝学校を出るまでの数時間、充実したひとときを過ごしました。

つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
拍手&コメント、とても嬉しいです。


拍手コメント(鍵付きでない)には出来る限りお返事したいと思っていますが
遅くなる時もあります。ごめんなさい。
いただいた拍手コメの後ろにお返事書いています。
関連記事

デンマーク・フォルケホイスコーレでの生活.2

10 13, 2017
デンマークの旅。

フォルケホイスコーレに滞在中、いろいろな行事があったりしました。
ある日の夜は、講師の先生を招いて日本の四季と花に関連したデザインやモチーフなどを学びました。
もちろんデンマーク語での講義でしたので、デンマーク語がわかればもっと詳細を知り得たろうに、もったいない思いをしましたが、スライドを見ているだけでも日本的な四季折々のデザインについて新たに気付かされることがあり新鮮でした。
講義後、講師の先生を囲んでみんなでワインを飲んだり、ちょっとしたパーディがありました。
IMG_20170919_204721.jpg
日本在住歴があり、日本語も話される講師の先生と日本の留学生たちといっしょにいろいろお話して楽しい時間でした。

またある日の午後はクラスメイトや先生たちとバスに乗って遠足へ。
ヴィボーにあるミュージアムに行きました。
IMG_20170920_142630.jpg
ここではHedeboやクロスステッチなど、美しい刺繍をたくさん見ることができました。

博物館を出て、ティータイムに行ったお店。
IMG_20170920_160554.jpg

とても可愛い食器に色とりどりのチョコレートとケーキにテンションが上がりました。
IMG_20170920_151133.jpg


学校の庭はとても美しくて、フリータイムにはよく散歩をしました。
この噴水の奏でる水音を聴きながら刺繍をしている時間が本当に素晴らしかった。
IMG_20170922_123820.jpg

この学校の歴史について学ぶ時間もありました。
ただもう、何度も言いますが全てがデンマーク語なので、スライドがなかったらほんとにわかりません。ここんところがネックで、デンマーク語がもっと聞き取れれば、もっと多くを深く学べたろうにと悔しく思いました。
なので、次の目標もできた現在、デンマーク語のレッスンを継続して学んでいます。すぐには身につかないでしょうけど、しないよりはマシですから。(苦笑)
IMG_20170921_081657.jpg

お花畑もたくさんありました。
IMG_20170921_081452.jpg
そういえば9月中旬だったこの時期でも、デンマークでは紫陽花が咲いていました。でも日本でよく見るような大きな丸い花じゃなくて、どちらかというとヤマアジサイに近いような、清楚なアジサイでした。


IMG_20170921_081047.jpg

この椅子に座って、よく空を眺めました。
青い空を見上げて雲の流れを見ていると、そこにいる自分が信じられないような、ほんとにここに来たんだなという実感や、幸福を感じずにはいられませんでした。
感謝の気持ちは大切ですよね。
IMG_20170921_081000.jpg

林檎の木もたくさん植わっていました。
IMG_20170921_081133.jpg

そして、完成した二作目。
これもHedeboの技法ですが、色糸を使うとまた違った感じですよね。これも発見でした。
ビヨーク先生のお見本どおり作りました。
IMG_20170920_205048.jpg

学校の周辺はこんな感じでした。
IMG_20170920_130216.jpg

次回につづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
拍手&コメント、とても嬉しいです。


拍手コメント(鍵付きでない)には出来る限りお返事したいと思っていますが
遅くなる時もあります。ごめんなさい。
いただいた拍手コメの後ろにお返事書いています。
関連記事

デンマーク・フォルケホイスコーレでの生活

10 10, 2017
デンマークの旅。
フォルケホイスコーレで一週間だけの留学生活が始まりました。
ここで私はデンマークの伝統白糸刺繍Hedeboを学びます。
学校に到着して翌日は朝靄が美しい朝でした。
IMG_20170918_073031.jpg

一日は朝食から始まります。
朝食はいつもこのような感じでした。手作りのジャムや濃厚なハチミツが美味しかったな。
IMG_20170920_075009.jpg

朝食のあとは毎朝、ここで朝礼がありました。デンマーク語の歌を歌う時間も楽しかったです。
ただ、当然ですが言語は全てデンマーク語。よっぽど漏れなく全員に伝えたいことがあるときだけ簡単に英語で付け足してくれました。
日本でデンマーク語のレッスンを受けてきましたが、ちょっと学んだだけでは聞き取れないです、はい。知っている単語は拾えるんですけど、それより知らない単語が多すぎて常に(汗)でした。
でも、初日の学校説明のときは、アイスランド人のクラスメイトが親切に英語に翻訳してまとめて伝えてくれました。
IMG_20170919_150713.jpg

この部屋で毎日、朝から夜まで刺繍をしていました。
すぐ外には小さな噴水があって、その水音を聴きながらの刺繍。その作業を遮るものは何もない。
穏やかでストレスのない時間でした。
IMG_20170919_122439.jpg

私のいた刺繍のクラスは13人で、アイスランド人が2人と日本人は私1人、あとは全員デンマーク人でした。
アイスランド人のお2人とは一緒に過ごす機会が多かったかな。
でも、デンマーク人の皆さんも遠い異国から来た私にすごく優しくて、いつも気にかけてくれていました。
私がほんの少しだけどデンマーク語が話せることを大変喜んでくださって、会話も私がわかるように簡単なデンマーク語をゆっくりと話してくださったり、また新しい単語などを教えてくださったり。
逆に私も「これは日本語で何て言うの?」と聞かれると教えていたんですけど、今思うと大阪出身の私は標準語ではなく、関西弁のイントネーションで教えてしまいました。(苦笑)

ここは機織りの部屋。
旗を織る音がまたなんとも心地よかったです。機織りも楽しそうでした。
IMG_20170917_175808.jpg

ここはリビングルームみたいな場所。
フリータイムなんかにここで団欒したり、手芸の作業をしたり。
IMG_20170920_165043.jpg

食事は全てビュッフェで、昼食はいつもこんな感じでした。
IMG_20170918_180903.jpg

この日はお天気がよく、散歩日和でしたので、夕食までのフリータイムにHさんといっしょにフィヨルドまで出掛けました。
学校から約40分くらい歩くと、フィヨルドが見えてきます。
ノルウェーに見られるような壮大なフィヨルドとはちょっとイメージが違いました。
そう、デンマークには山がありませんものね。
IMG_20170918_172121.jpg

近くの草原で黒い羊たちが草を食んでいました。なんとものどかで平和な風景でした。
IMG_20170918_172207.jpg

そう、デンマークには山がないためか、地平線がどこまでも広がっている感じで、何故か雲が低い位置に感じられました。
空はいつも美しかったです。
IMG_20170918_172001.jpg

残念ながら写真はありませんが、夜空も星がたくさん出ていて綺麗でしたっけ。
初めて見る星空でした。

夕食の時間。魚の酢漬けがお気に入りでした。
IMG_20170917_180844.jpg

レッスンは夕方終了するんですが、その後も教室で刺繍を続けることは自由で、クラスメイトの皆さんは夜遅くまで刺繍をされていました。
これは完成した作品一作目。Hedebo刺繍のキーホルダー。
Hedeboは日本語でよくヘデボとかヒーダボーとか言いますが、デンマーク人にはこの発音ではまったく通じません。実際にはカタカナに変換できない発音です。
IMG_20170919_144358.jpg

学校での生活は本当に穏やかで、毎日が充実していました。
IMG_20170917_175606.jpg

次回につづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
拍手&コメント、とても嬉しいです。


拍手コメント(鍵付きでない)には出来る限りお返事したいと思っていますが
遅くなる時もあります。ごめんなさい。
いただいた拍手コメの後ろにお返事書いています。
関連記事

デンマーク・スカルスへ

10 08, 2017
デンマークの旅。
この日はいよいよフォルケホイスコーレのあるスカルスへ向かいます。
スカルスはドイツと陸続きのユトランド半島の中部にある小さな街。
スウェーデンにほど近いシェラン島のコペンハーゲンからは北西の方角、列車で海を渡ります。
長時間の列車の旅に備えて、朝食はたっぷりと。
IMG_20170917_074352.jpg

ホテルをチェックアウトしてコペンハーゲン中央駅へ。
中央駅はレンガ造りの立派な駅です。
IMG_20170917_090616.jpg

このホームで列車を待ちます。
スカルスには鉄道の駅がありません。ですのでヴィボー駅まで行き、そこからバスに乗って移動します。
IMG_20170915_093058.jpg

コペンハーゲン中央駅からヴィボー駅までは直通の列車をデンマーク鉄道のHPで予約していました。
乗車する列車が到着したときに車掌さんにもその列車が間違いないことを確認し、安心して乗車したのです。
ところがですよ、
ほとんど鼻歌交じりでのどかな草原の広がる車窓を眺めていたら、まだ3分の1くらいの地点のフレゼレシア駅で突然、乗客全員が列車から降ろされるというハプニングが。
その原因は車内放送があったのでしょうけど、なにせデンマーク語オンリーの放送でしたので何を言ってるのか聞き取れなかったんですよね。
それを何も知らない私は「この駅でたくさんの人が降りるんだなあ」とのんびりと座っていたんですよ。
すると、親切なデンマーク人の女性が、「あなた、降りなきゃいけないわよ」と声をかけてくれたんですね。
でも何が起きたかわからなくて「私はヴィボーまで行きたいんです」と訴えたところ、偶然通りかかった車掌さんに「この人はヴィボーに行きたいらしいんだけど、どうしたら良いの?」と聞いてくださったので、このあとの行き方を教えてもらうことができたんです。
「ここで一旦降りて、次にくる列車でオーフスまで行ってください。そしてオーフスから○○発の列車でヴィボーに行けますから。」
ですけど、不安でたまらなかったですね。
乗り換えが嫌だったから直通の列車をわざわざ予約していたのに・・。
まさかこんな事態になろうとは。
とはいえ、ここは外国。日本のようにはいきません。
仕方のないことでしたし、いっしょに乗車していたデンマーク人の方たちに優しく接してもらいながら(ほんとに感謝です)、無事に途中のオーフス駅に到着しました。

ヴィボーに行く列車の発車時刻までまだ時間があったので、せっかくだしオーフスの街を少し歩いてみることにしました。
駅の近くにあった教会。
IMG_20170917_142021.jpg

オーフスはコペンハーゲンに次ぐデンマーク第二の都市。
とはいえ、コペンハーゲンに比べるとぐっと地方都市度が増してました。
人もそんなに多くないし、住みやすそうな街というイメージ。次回来たときはこの街をもっと探検してみたいと思いました。

そして、このホームから出るストルーア行きの列車に乗り、なんとかヴィボー駅に到着したのですよ。
IMG_20170917_143640.jpg

ヴィボー駅からはバスに乗ってスカルスへ。
でも、この日は日曜日ということで、そもそもバスが一日にたったの5本しか出ていません。
駅で約1時間ほど待って、ようやくスカルスへ行くバスが到着。
運転手さんにスカルスに着いたら知らせて欲しい旨を伝え、運賃を支払い乗車。ふぅ・・。

もう少しで着くのね!憧れのスカルス!
まるで信じられなくて、気持ちも高ぶっていましたっけ。

ネットで調べたところ、私の行くフォルケホイスコーレへはスカルスで降りて、そこから徒歩10分程度ということでした。
ところが、フォルケホイスコーレの真ん前で、「ホイスコーレ!ここだよ!」と降ろしてくれたんですよ。
え~?デンマークのバスの運転手さんってこんな粋なことをしてくれるのね?!
と思っていたら、なんとホイスコーレの真ん前にバス停があったんですよね・・・
わからない。いったいどうなってるの、デンマークのバス事情?ネットから得られる情報と全然違うじゃない?
・・・でもまあ、
到着しました。
コペンハーゲンから約7時間の長旅でした。

ここがこの日から1週間、私が滞在した学校 Skals-højskolen for design og håndarbejdeです。
IMG_20170918_123533.jpg

IMG_20170917_174139.jpg

学校では、私の刺繍の先生であるビヨーク先生と、この4月に東京で知り合った、現在この学校に長期留学中のHさん、そして、この日初めてお会いした、Hさんと同じく長期留学中のmin mit mineのオーナー、Jさんが私の到着を待ってくれていました。
ビヨーク先生とHさんとの再会、そしてJさんとの出会い、嬉しかったなあ!
この日、既に到着されていた私のクラスメイトになる皆さんとはじめてのご挨拶。
「Det er rart at møde dig!」

その後、ビヨーク先生から私の部屋の鍵を受け取り、お部屋の案内をしてもらいました。
ここが私の滞在したお部屋。
IMG_20170919_124557.jpg

窓の景色もよく、とっても素敵なお部屋で、何気なく飾ってある刺繍のフレームもおしゃれ。
IMG_20170917_184406.jpg

夕食まで少し時間があったので、Hさんに学校の中やお庭を案内してもらいました。
お庭もとっても素敵。どこもかしこも絵になる風景でした。
IMG_20170917_173753.jpg

そんなことで、
私の夢にまで見たフォルケホイスコーレでの生活が始まったのでした。
IMG_20170918_123946.jpg

次回につづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
拍手&コメント、とても嬉しいです。


拍手コメント(鍵付きでない)には出来る限りお返事したいと思っていますが
遅くなる時もあります。ごめんなさい。
いただいた拍手コメの後ろにお返事書いています。
関連記事
プロフィール

めいりん

Author:めいりん
大阪在住。
園芸歴20年以上。ちいさな花壇で季節の花を育てています。
ヒュー・ジャックマン大好き。

2006年秋にBlytheを迎えて以来、小さなお洋服作りを楽しんでいます。2010年から独学で1/6ドールハウスや家具を作り始めました(只今製作はお休み中)。

大阪を拠点としてマイペースに活動。ドール服作りワークショップの講師、国内外のドールイベント等に出展。
日本手芸普及協会認定・刺繍講師。
デンマークなどで刺繍を学ぶ。
************

当方へのご連絡は、お手数ですがブログ記事左下の拍手コメントよりお願い致します。その際、メールアドレスをお知らせ頂けましたら後日改めてご連絡させて頂きます。

************
◇◆過去の活動履歴◇◆◇

●2009 I・Doll West Vol.9
●2010 ドールショウ29秋
●2010 I・Doll West Vol.11
●2011 I・Doll West Vol.12
●2011 ドールショウ32秋
●2012 「ブライスサミット2012」
     Junie Moon
●2012 I・Doll West Vol.14
●2012 ドールショウ35秋
●2013/1「2013 Blessings展」
     代官山Junie Moon
●2013/3「Wonderful Alice展 Part2」
     代官山Junie Moon
●2013/5「Wedding Sweets展」
     代官山Junie Moon
●2013/6「Wonderful Alice Part4」
   大阪Salon de Junie Moon
●2013/7「ブライスサミット2013 The Selection」代官山Junie Moon
●2013/6  I・Doll West Vol.16
●2013/9 ドールショウ38秋
●2013/10「Scary Boo!」
   大阪Salon de Junie Moon
●2013/10「シブカル祭」
   渋谷LeLe Junie Moon
●2013/12「Christmas With Blythe展」
   代官山Junie Moon
「Have a Blythe Christmas」
   大阪Salon de Junie Moon
「Have a Blythe Christmas」
   渋谷LeLe Junie Moon
●2014/2~3 代官山Junie Moon
「Luv-able and Hug-able」
●2014/6~7 代官山Junie Moon
「Birthday Pop Beauty」
●2014/6 渋谷LeLe Junie Moon
「Birthday Natural Beauty」
●2014/6 Salon de Junie Moon
『Blythe Birthday Party』
●2014/9 ドールショウ41秋
●2014/10 I・Doll Taiwan
●2014/12『Pika Pika Christmas Party』Salon de Junie Moon
●2015/6~7 *Mayrin*個展「Little Dress」
●2015/10/24 I・Doll TAIWAN VOL.5
●2015/11/ 8 I・Doll West VOL.21
●2015/11 代官山 Junie Moon
「Nostalgic Library展」
●2015/12 Salon de Junie Moon
「Christmas tea party」
●2016/5/17~6/5*Mayrin*個展「Pretty flower garden」
代官山Junie Moon
●2016/6/25 Blythe Con Japan in Tokyo
●2016/8/14 Mr.Hoffmann’s Toy Box-(霍夫曼的玩具箱)
●2016/9 「True Alice展」代官山Junie Moon
●2016/12「Christmas tea party」Salon de Junie Moon
●2017/2/12 Sendai I・Doll VOL.5
●2017/6/4 I・Doll West VOL.24
●2017/6 「Flower Garden展」代官山Junie Moon
●2017/6/24 I・Doll TAIWAN VOL.8
●2017/8「Middie's Fun Party!」Junie Monn 堀江

◇◆◇お知らせ◇◆◇

●JMドリーウェア×*Mayrin*
『Pretty dress for Pretty girl』
発売中

※当ブログ内の画像、文言の転載は固くお断りいたします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
web shop
FC2カウンター
カテゴリ
●Blytheと手作りの服 (259)
コート、ジャケット (58)
ワンピース (21)
フォークロア (9)
ピンタック (32)
スモッキング刺繍 (53)
刺繍いろいろ (26)
スカート、パンツ、その他 (54)
編み物 (5)
●Blythe(ネオ、ヴィン、プチ) (20)
●Junie Moonイベント (12)
●Blythe Con Japan in Tokyo (7)
●個展 (27)
●Shop (21)
●ドール服workshop (66)
●Blytheとイベント (52)
●1/6ドールハウス (85)
プロヴァンスの家 (22)
カントリーサイドの家 (8)
黄色い壁の部屋 (4)
花とピンクの壁の部屋 (3)
木組みの部屋 (6)
クラシカルな部屋 (3)
ミニミニドールハウス (3)
家具、小物 (36)
●ミニチュア小物 (16)
●旅するBlythe (175)
デンマーク<コペンハーゲン> (4)
デンマーク<ロスキレ> (0)
デンマーク<スカルス> (4)
デンマーク<ビボー> (1)
ドイツ <ミュンヘン> (15)
ドイツ <バイエルンお城巡り> (4)
ドイツ <ローテンブルク> (15)
ドイツ <ニュルンベルク> (12)
ドイツ <ドレスデン> (14)
ドイツ <デッサウ> (6)
ドイツ <ベルリン> (27)
ドイツ <ポツダム> (2)
ドイツ <デュッセルドルフ,ケルン> (4)
ドイツ <ヴュルツブルク> (4)
ドイツ <クレクリンゲン,デトバンク> (2)
ドイツ <ツェレ,ムンスター> (3)
上海 (6)
香港 (6)
台湾 (17)
東京ディズニーランド (3)
大阪散歩 (11)
素敵なお店・お宿 (10)
お気に入り (5)
◇Betsy McCall (3)
◆ダル (5)
◇ワンダ (7)
◆季節の花とドール(*´∀`) (53)
◇ハンドメイドetc (35)
◆お犬様U・.・U (37)
◇お気に入りの本(´ω`) (20)
◆海外お菓子´▽` (48)
◇台湾茶&中国茶 (7)
◆美味し~ぃ≧▽≦ (45)
◇素敵*・( ̄∀ ̄)・* (51)
◆日々のこと´▽` (84)
◇おもちゃ(´ω`) (23)
◆私のヒーロー (4)
◇アンゼリカ~天然石アクセサリー (1)
◆Krabat~手作り雑貨 (26)
未分類 (0)
最新記事
リンク
フリーエリア
天然石とアクセサリーのネットショップ 「アンゼリカ」
angelica-micchiちゃんのお店


ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ