ドイツ・ケルン編

09 01, 2014
2014年8月に母娘で行ったドイツ旅の記録。

この日、夕方までにヴュルツブルクへ向かうのですが、その前に
せっかくなので世界遺産である大聖堂を拝観すべくケルンへ立ち寄ることにしました。

まずはHotel Bismarckで美味しい朝ごはんを。

DSCN9601.jpg

名残惜しみながらも
9:00頃チェックアウトし、デュッセルドルフ中央駅へ。
この日からジャーマンレイルパスを使用しますので、まずは駅窓口でバリデーションをしてもらいます。

デュッセルドルフ中央駅では窓口に直接並ぶのではなく、受付番号を記載した番号札を発券してもらい、順番がくるのを待ちます。
電光掲示板に窓口の番号が並んでますので、自分の持っている番号が表示された窓口へ行きます。
(日本の銀行で行っているシステムっぽいイメージ)

2年前のミュンヘン中央駅では確か窓口に直接並んだような気がしたので、
最初、そのシステムがわからず、いきなり受付に行ってしまったのでした。(苦笑)
その受付の女性が親切にシステムをおしえてくださり、一から出直し。
そして、順番を待つこと約10分。
指定された窓口は、なんと初めに行ってしまった、あの窓口。
女性の方、「あら、戻ってきたのね~(笑)」と、笑顔で対応してくださりました。
ん~、なんとなくそうなるような予感はしてました・・・(笑)

無事にバリデーションをしてもらい、ケルン行きの番線を確認し、
さあ、列車に乗りましょう。
DSCN9602.jpg

デュッセルドルフ→ケルンへは列車で約25分の近さです。

ケルン中央駅に着いたら、すぐに荷物をロッカーに預けたのですが、
このロッカーが驚きの超最新型?で、今まで見たこともない型式だったのです。
でもね、恐るるなかれ。
渡航前に、ケルン中央駅の構内図を調べていて、ふと気づいたのです。
イメージするコインロッカー的なものがないような・・・。
それで、ネット検索してみたところ、やはりそうでした。
コインロッカーには変わりはないのですが、ちょっとびっくりする感じのものなのです。
あいにく画像がなくて、(人が多すぎて写真撮ってる場合ではなくて・・・(-_-;))
ここでは詳細を説明できず、すみません。
情報が必要な方は是非一度、”ケルン中央駅” ”ロッカー” で検索かけてみてください。(苦笑)
ロッカーの使用方法を画像とともに説明しておられるブロガー様がいらっしゃいますので。
他の外国から来られた方も、このようなロッカーは初めてらしく、
英語表記の使用説明文を読み確認しながら恐る恐る・・って感じに見えましたよ。
ともあれ、前もって情報を持っていたので、オロオロせず、スムーズに荷物を預けられました。
(ロッカーの使用方法を掲載してくださっていたブロガー様に感謝!有難うございました。)


そして、中央駅の真ん前にそびえ立つ、ケルン大聖堂。

DSCN9608.jpg


大迫力!


DSCN9614.jpg

8月ということもあってか、
世界各国からの観光客でい~っぱいでした。
本当は塔に登ってみたかったのだけれど、これがまた大行列で。
数時間かかりそうだったので、諦めました。

教会の中へ入ってみましょう。
DSCN9621.jpg

うお~~~、天井、高~い。

教会の奥、中央祭壇には、東方三博士の聖遺物を納めた黄金細工の聖棺がありました。
美しいステンドグラスにも目を奪われます。
DSCN9624.jpg


何げに床に目を落とすと、こんなに可愛らしいモザイクが。

DSCN9636.jpg

教会の中も混雑していましたが、
ゆっくりと見て回ることができました。

さて、教会の荘厳さを堪能し、荷物を無事に駅ロッカーから受け取り、
ヴュルツブルクへ向かうべく、ライン川の対岸にあるケルン・メッセ駅へ移動します。

この日のライン川は美しかったです。
デュッセルドルフで見たライン川は、雨が降った後で増水して濁っていたから・・・。
これは、ホーエンツォレルン橋から見た景色です。
DSCN9652.jpg

ホーエンツォレルン橋といえば、有名なのがこれ、ですよね。
DSCN9654.jpg
端から端までずーっと、このような感じでしたよ。

そして、ちょっと迷いながらも(母娘して方向音痴(゜д゜))、ケルン・メッセ駅に無事到着したのでした。


ヴュルツブルク編へ続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
拍手&コメント、とても嬉しいです。


拍手コメント(鍵付きでない)には出来る限りお返事したいと思っていますが
遅くなる時もあります。ごめんなさい。
いただいた拍手コメの後ろにお返事書いています。
スポンサーサイト

ドイツ・デュッセルドルフ編02

08 31, 2014
ドイツ旅の記録です。巡った都市は、

デュッセルドルフ
→ケルン
→ヴュルツブルク
→ローテンブルク(+クレクリンゲン、+デトバンク)
→ツェレ
→ムンスター
→ベルリン(+デッサウ)

そういえば、8月中旬といえば日本では真夏、うだるような暑さですが、
ドイツはもう秋の気配。
薄手のコートまたはダウンジャケットは必需品、だったのでした。
ところが、私、まったく真夏の感覚で渡航しまして、これら必需品を持って行ってませんでした。
幸い、長袖や羽織るものは数枚持って行ってましたので、それらを重ね着して寒さ対策を取ったものの、おかげで毎日同じ服を着なくちゃいけないハメに・・・。
毎晩の洗濯は必須でしたが、乾燥しているので一晩干せば乾きました。
それと、天気が不安定で、朝晴れていても夕方には雨が降ったり、まったくその日の天気の
予想がつかず、折りたたみ傘は手放せませんでした。

前回のデュッセルドルフ編の続きです。
K20州立美術館の窓口の人は、一件無愛想でちょっとドギマギしたんですけど、実はすごく親切で、
なんていうか、過剰な愛想はふらないけれど、確実に仕事をしてくれる感じ。
しかも、双方が心地よい気持ちになるように臨機応変に対応してくださっているような。
おかげで娘っちはとびっきりの笑顔になれましたね。

K20州立博物館でしばらく雨宿りをしていましたが、止む気配がないで小雨になった頃を見計らって
外に出ました。
館の近くに画材屋さんがあり、そこでまた雨宿り兼お買い物をしました。
かなり本格的な画材屋さんでしたので娘っちは喜んでましたね。
DSCN9570.jpg

画材屋さんを出る頃には雨はほぼ止んでいましたので、
ホーフガルテン沿いにライン川のほうへぼちぼち歩くことにしました。

ライン川を背景に。 ようやく雨が上がりました。
DSCN9573.jpg


ライン川沿いには市庁舎や聖ランペルトゥス教会があります。

聖ランペルトゥス教会。外観に趣がありました。
DSCN9571.jpg

DSCN9575.jpg

中に入ってみましょう。
DSCN9580_201408311723013d2.jpg

ちょうどパイプオルガンが演奏されていましたので、しばらく教会の椅子に腰掛けて
その音色に聞き入っていました。
心に染み渡る音色でした。

教会を出て、
次の目的地、「Cafe Heinemann」へ。
デュッセルドルフに行ったら必ず行くべし、とあるくらい美味しいチョコレートで有名なハイネマン。

ライン川から歩いてましたので、
まずは旧市街を歩き、(うっかり!画像がありませんTT)
そうそう、旧市街は古い欧州の商店やレストランがひしめき合ってる感じで情緒がありました。
でも、夜は女子の一人歩きはヤバそうな空気も漂っていました。
第一に狭い路地があちこちにあることが、泥棒の逃げ道っぽくって。

そして、
大通りケーニヒスアレーの並木道を通り過ぎ、
DSCN9587.jpg

ケー二ヒスアレーには高級ブランドショップ店が並んでいますが、
みすぼらしい私たち母娘にはまったく無縁なのでスルーです。(笑)

そして、ケーセンターの1階に見つけました!「Cafe Heinemann」
ショウウィンドウには可愛くデコレーションされたケーキのディスプレイ。
DSCN9590.jpg

1階はショップで、2階はカフェになっています。
お腹が空いていたので、ついついショップ内に陳列しているチョコやビスケットに目移り
してしまいますが、まずは腹ごしらえ。
2階へ上がりましょう。

どのケーキも美味しそうで、ものっすごい目移りしましたが、結局選んだのはこれ。
DSCN9592.jpg

想像していたとおり、また、噂どおりの美味しさでした(´∀`*)
お昼ごはんを抜いて良かった。・・・って、え?そうなの?
いや、たまたま抜けてしまったというか、朝ごはんが美味しくてたくさん頂いたので、
お腹があまり空かなかったんですよね。

ちなみに、ハイネマンは市内に数箇所ありますが、ここの「Cafe Heinemann」では、
スイーツだけでなく美味しいお料理も頂けます。
地元でも人気のカフェのようで、老若男女問わず、様々なお客様がいらっしゃいました。
それにしても、ハイネマンの店員さんたちは機敏に働いていました。
機転も効くし、心地よい対応をしていただきました。

あ、そうそう、
ハイネマンのシャンパントリュフは噂通りに美味しかったです。
チョコを好んで食べないうちの旦那も絶賛。 (食べることに夢中で写真撮り忘れました・・TT)


「Cafe Heinemann」のすぐそばにあるヨハネス教会。
DSCN9596.jpg

日本の文化にも触れることができる(?)インマーマン通り。
DSCN9598.jpg

デュッセルドルフには日本の企業も多いので、もしかするとインマーマン通りで日本のサラリーマンに会えるかも?と期待してましたが会えませんでした。^^;

ずいぶん歩き回って疲れたので、途中までトラムに乗ってホテルに帰りました。
この日の夕ごはん。
ポテトチップスとビール。(笑)
DSCN9600.jpg

次回、ケルン編に続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
拍手&コメント、とても嬉しいです。


拍手コメント(鍵付きでない)には出来る限りお返事したいと思っていますが
遅くなる時もあります。ごめんなさい。
いただいた拍手コメの後ろにお返事書いています。

ドイツ・デュッセルドルフ編01

08 29, 2014
さて、
帰国後は、ほけ~とする暇もなく、朝帰国した後すぐ帰宅せぬまま午後には出勤したという、
既に時間に追われっぱなしの現実生活を送っています。
でも、まだ記憶が新しいうちにドイツ旅の記録を綴りたいと思います。
ドイツや旅に興味がおありの方は、稚拙な文ですがこの先読んでいただけましたら嬉しいです。
しばらく旅の話題が続きます。が、イベントやワークショップが近づいてまいりましたら
間にご案内を入れますので、よろしくお願いいたします。

ドイツへは2度目の渡航となります。
初めてその地に足を踏み入れたのは2年前。友人のKrabatおこめつぶさんといっしょでした。
女子というより中年女2人旅(笑)、結婚して以来、子連れではなく友人と2人で旅するなんてなかったから、それはそれは楽しい旅行でした。
あの時以来、頭ん中はドイツでいっぱい。
常に心はドイツにいましたっけ。
今旅は大学生の娘っちと母娘2人旅。
ふたりだけでの海外旅行は初めて(いつも家族旅行だったから)で、娘っちにとっては欧州初上陸。
そう、今回、旦那は日本でお犬様とお留守番。

本格的な旅の計画は、昨年末あたりからしてましたっけ。
娘っちの大学スケジュールを先ず優先した結果、8月中旬~下旬がよかろうということで、
わざわざ航空券が最も高いこの時期に設定・・・(ちょっと涙)
でも、そんなことも考慮してまだ安いうち(今年のお正月明けすぐ)にフィンランド航空のチケットを購入、
ホテル予約もネットでササっと済ませ、早いうちからスタンバイしてたのでした。
今思っても、あのあと迎えた繁忙期やその他もろもろのスケジュールを考えたら、早めの行動は正解でした。

ただし、1度目のドイツから2年。
その歳月では大して変わったりないわよね~。いいえ、大きく変わりましたよ!
先ず、ユーロ。
2年前は約100円でしたが、円安のため今回は約140円。単純計算で1.4倍!(→o←)ゞうっそぉ
おまけにジャーマンレイルパスも値上がってる!
こ、こずかい計画が~。
なので、前にも増して貧乏旅行となりました。(T_T)
次に欧州の中でもドイツは群を抜いて景気が良く、特にベルリンではプチインフレ。
公共交通料金がアップしてたので、同時にウェルカムカードなんかも値上がり。
おまけにホテルでは宿泊料金と別途5%のCity taxが今年1月から課せられておりました。
それから、それから、
う~ん、まだあるけど~、
その他のことは今から綴る旅の記録で少しずつ申し上げるとします。
(これからドイツへ旅を計画中の方たちの参考になればと思います。)

1日目。
朝、関空発10:45のフィン航空に搭乗し、ヘルシンキ経由でデュッセルドルフ空港へ。
トランジットに5時間待ち!
でもね、格安航空券だったから仕方ないのよ、乗り継ぎが良いと5万円高くて・・・。
1時間1万円ですよ!ねえ?
だけども、5時間待ちを選択して良かったという結果になったんです。
なぜかというと、
ヘルシンキでの入国審査にめちゃめちゃ時間がかかったから・・!
んまあ、すごい長蛇の列で各国からの旅行客でひしめき合ってました。
単に人が多いだけではなく、入国審査も厳しかったのです。ほんとに。
私の並んでいた列後方にいた日本人のカップルが、乗り継ぎの便がもうすぐ出てしまうらしく、列を譲ってくれるよう前方で待っている日本人に嘆願していました。
そして、私ももちろん譲ってあげました。だって断る理由なんてないでしょ?
私たちには待ち時間はたっぷりあったから。( ´,_ゝ`)
5時間は長いと思っていましたが、あっという間に過ごしてしまいましたよ。

ヘルシンキ→デュッセルドルフの便は、小さな飛行機でエンジンがものすごく頑張っている音を奏でてました。
ちょっと不安だったけど、機内食のハムとチーズが感動する美味しさでテンションup。

21:20頃、無事にデュッセルドルフ空港到着。
その後、S11乗り場を探し、乗車券(2.5ユーロ)を購入。 2年ぶりのSバーン。
DSCN9555.jpg

デュッセルドルフ空港→中央駅までは昼間は15分おきくらいに列車がありますが、
夜は30分おきしかありません。
なので1本乗り遅れたらタクシーを使おうと決めてましたが、うまい具合に乗車できました。

宿泊ホテルは中央駅から徒歩すぐのところを予約していたから移動が楽で助かりました。
なんとか22:30頃、チェックイン。
夜遅くのチェックインになることも事前にホテルに連絡していたからかスタッフの対応も親切丁寧で
スムーズに事が運びました。
この日はそのまま就寝。
都心のホテルなのでツインの部屋でも少々狭かったけれど、アンティークな感じで清潔感があり、
ウェルカムフルーツを置いてくださってました。
古いホテルなのでエレベーターは手動、ドアの開閉には少々コツが要りましたが・・・。

DSCN9561.jpg

翌朝の朝食。
ここの朝食が多分、この旅で泊まったホテルの中で一番充実していて美味しかった。
DSCN9556.jpg

ホテルの外観です。
「Hotel Bismarck」
中央駅に通じるビスマルク通りの端方にあります。
1階レストランには鉄血ビスマルクの写真や絵が飾られていたような気がします。
DSCN9599.jpg

またデュッセルドルフに来る機会があったら是非泊まりたいと思います。
ほんとにスタッフの方みなさんが親切でした。すごく印象に残っています。

ところで2日目はお天気がすぐれず、
見てください。この中央駅の後方の空模様。
今にも雨が降りだしそうです。
DSCN9562.jpg

さあ、先を急ぎましょ。
先ずはインフォメーションへ行ってウェルカムカードを。(画像がありません。。。)
中央駅前のインフォメーションのお姉さんは明るく、茶目っ気があって素敵でした。
中央郵便局がそばにありました。
ドイチェポストのくるま。 なんか可愛い。
DSCN9564.jpg

さあさ、急がなくては雨が降り出してきました。
地下鉄に乗って移動します。

目的のK20州立美術館へ続く道で。
この通りは繁華街ではないので人通りも少なくて、のんびりと歩けました。

DSCN9566.jpg

K20州立美術館に到着。
この美術館にはバウハウスやデュッセルドルフ美術学校で教鞭をとっていたクレーをはじめ、
カンディンスキーやピカソの絵があります。
娘っちの希望で訪れたのでした。
DSCN9568.jpg

ウェルカムカードを提示し割引料金で館内へ。
絵画を堪能して美術館を出ようとする頃、土砂降りの雨が降っていました。
しばし、館内で雨宿り。


次回へ続きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
拍手&コメント、とても嬉しいです。


拍手コメント(鍵付きでない)には出来る限りお返事したいと思っていますが
遅くなる時もあります。ごめんなさい。
いただいた拍手コメの後ろにお返事書いています。

帰国

08 26, 2014
DSCN0576.jpg


ドイツに行っていました。

↓旅のルートマップ
map1.jpg



娘っちとこの子たちを連れての珍道中。

DSCN0573.jpg

ぼちぼちと、旅の日記を綴ってまいりたいと思います。
読んでいただけたら嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
拍手&コメント、とても嬉しいです。


拍手コメント(鍵付きでない)には出来る限りお返事したいと思っていますが
遅くなる時もあります。ごめんなさい。
いただいた拍手コメの後ろにお返事書いています。
プロフィール

めいりん

Author:めいりん
大阪在住。
園芸歴20年以上。ちいさな花壇で季節の花を育てています。
ヒュー・ジャックマン大好き。

2006年秋にBlytheを迎えて以来、小さなお洋服作りを楽しんでいます。2010年から独学で1/6ドールハウスや家具を作り始めました(只今製作はお休み中)。

大阪を拠点としてマイペースに活動。ドール服作りワークショップの講師、国内外のドールイベント等に出展。
日本手芸普及協会認定・刺繍講師。
************

当方へのご連絡は、お手数ですがブログ記事左下の拍手コメントよりお願い致します。その際、メールアドレスをお知らせ頂けましたら後日改めてご連絡させて頂きます。

************
◇◆過去の活動履歴◇◆◇

●2009 I・Doll West Vol.9
●2010 ドールショウ29秋
●2010 I・Doll West Vol.11
●2011 I・Doll West Vol.12
●2011 ドールショウ32秋
●2012 「ブライスサミット2012」
     Junie Moon
●2012 I・Doll West Vol.14
●2012 ドールショウ35秋
●2013/1「2013 Blessings展」
     代官山Junie Moon
●2013/3「Wonderful Alice展 Part2」
     代官山Junie Moon
●2013/5「Wedding Sweets展」
     代官山Junie Moon
●2013/6「Wonderful Alice Part4」
   大阪Salon de Junie Moon
●2013/7「ブライスサミット2013 The Selection」代官山Junie Moon
●2013/6  I・Doll West Vol.16
●2013/9 ドールショウ38秋
●2013/10「Scary Boo!」
   大阪Salon de Junie Moon
●2013/10「シブカル祭」
   渋谷LeLe Junie Moon
●2013/12「Christmas With Blythe展」
   代官山Junie Moon
「Have a Blythe Christmas」
   大阪Salon de Junie Moon
「Have a Blythe Christmas」
   渋谷LeLe Junie Moon
●2014/2~3 代官山Junie Moon
「Luv-able and Hug-able」
●2014/6~7 代官山Junie Moon
「Birthday Pop Beauty」
●2014/6 渋谷LeLe Junie Moon
「Birthday Natural Beauty」
●2014/6 Salon de Junie Moon
『Blythe Birthday Party』
●2014/9 ドールショウ41秋
●2014/10 I・Doll Taiwan
●2014/12『Pika Pika Christmas Party』Salon de Junie Moon
●2015/6~7 *Mayrin*個展「Little Dress」
●2015/10/24 I・Doll TAIWAN VOL.5
●2015/11/ 8 I・Doll West VOL.21
●2015/11 代官山 Junie Moon
「Nostalgic Library展」
●2015/12 Salon de Junie Moon
「Christmas tea party」
●2016/5/17~6/5*Mayrin*個展「Pretty flower garden」
代官山Junie Moon
●2016/6/25 Blythe Con Japan in Tokyo
●2016/8/14 Mr.Hoffmann’s Toy Box-(霍夫曼的玩具箱)
●2016/9 「True Alice展」代官山Junie Moon
●2016/12「Christmas tea party」Salon de Junie Moon
●2017/2/12 Sendai I・Doll VOL.5
●2017/6/4 I・Doll West VOL.24
●2017/6 「Flower Garden展」代官山Junie Moon
●2017/6/24 I・Doll TAIWAN VOL.8

◇◆◇お知らせ◇◆◇

●「Middie's Fun Party!」
Junie Monn 堀江
2017年8月27日(日)~

●JMドリーウェア×*Mayrin*
『Pretty dress for Pretty girl』
発売中

※当ブログ内の画像、文言の転載は固くお断りいたします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
web shop
FC2カウンター
カテゴリ
●Blytheと手作りの服 (256)
コート、ジャケット (58)
ワンピース (21)
フォークロア (9)
ピンタック (31)
スモッキング刺繍 (51)
刺繍いろいろ (26)
スカート、パンツ、その他 (54)
編み物 (5)
●Blythe(ネオ、ヴィン、プチ) (19)
●Junie Moonイベント (12)
●Blythe Con Japan in Tokyo (7)
●個展 (27)
●Shop (21)
●ドール服workshop (66)
●Blytheとイベント (52)
●1/6ドールハウス (85)
プロヴァンスの家 (22)
カントリーサイドの家 (8)
黄色い壁の部屋 (4)
花とピンクの壁の部屋 (3)
木組みの部屋 (6)
クラシカルな部屋 (3)
ミニミニドールハウス (3)
家具、小物 (36)
●ミニチュア小物 (16)
●旅するBlythe (166)
ドイツ <ミュンヘン> (15)
ドイツ <バイエルンお城巡り> (4)
ドイツ <ローテンブルク> (15)
ドイツ <ニュルンベルク> (12)
ドイツ <ドレスデン> (14)
ドイツ <デッサウ> (6)
ドイツ <ベルリン> (27)
ドイツ <ポツダム> (2)
ドイツ <デュッセルドルフ,ケルン> (4)
ドイツ <ヴュルツブルク> (4)
ドイツ <クレクリンゲン,デトバンク> (2)
ドイツ <ツェレ,ムンスター> (3)
上海 (6)
香港 (6)
台湾 (17)
東京ディズニーランド (3)
大阪散歩 (11)
素敵なお店・お宿 (10)
お気に入り (5)
◇Betsy McCall (3)
◆ダル (5)
◇ワンダ (7)
◆季節の花とドール(*´∀`) (53)
◇ハンドメイドetc (35)
◆お犬様U・.・U (37)
◇お気に入りの本(´ω`) (20)
◆海外お菓子´▽` (48)
◇台湾茶&中国茶 (7)
◆美味し~ぃ≧▽≦ (45)
◇素敵*・( ̄∀ ̄)・* (51)
◆日々のこと´▽` (84)
◇おもちゃ(´ω`) (23)
◆私のヒーロー (4)
◇アンゼリカ~天然石アクセサリー (1)
◆Krabat~手作り雑貨 (26)
未分類 (0)
最新記事
リンク
フリーエリア
天然石とアクセサリーのネットショップ 「アンゼリカ」
angelica-micchiちゃんのお店


ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ