ドイツ・ムンスター編~ドイツ歴代の戦車が見れる、パンツァーミュージアムへ

10 01, 2014
母娘ドイツ旅もいよいよ後半。
この旅の記録もあと5,6回で終わり。
2年前の旅日記に比べてだいぶ短くしたつもりなんですけれど、やっぱり長くなっちゃいました。

さて、
朝、ツェレを出発して、この日中にベルリンへ向かうのですが、
その前に、是非とも、どうしても、行かなくちゃいけないところがありました。

先ずは腹ごしらえを・・
Hotel zur Altstadtのおばあちゃまが用意してくださった朝食。
ドイツはどの街のホテルも、朝食のパンとチーズ、ハム、ソーセージが充実しています。
私の好物ばかりなので、朝食は毎回楽しみでした。
おかげでパンに対する舌が肥えてしまって、日本のパンが美味しく食べられなくなりました。
DSCN0180.jpg

そう、それで、
是が非でも行きたかった所、
それは娘っちのリクエスト(私がリーメンシュナイダー巡礼に付き合わせたんで、娘っちの行きたいところにも付き合ってあげねば・・です。)で、

ドイツ歴代の戦車が見られる ”パンツァーミュージアム” です。

ドイツ最大規模の戦車博物館。
これはマニア必見ですよ。是非オススメ。

娘っちは、戦車やら戦艦やらのプラモデル作って喜んでいる程度のマニアなのですがね。(笑)
せっかくドイツへ行くのに、これを見んでどうする?!ってなわけで。
それでね、白状すると、
ツェレで一泊したのは、実はこの戦車博物館に行くことが第一目的としてあったからでした。

ムンスターというローカルな町へは、
下手したら2時間に1本しか列車のこないローカル線に乗って行きます。
午前の時間(早朝を除く)を調べるとムンスター駅到着9:38、その次は11:38、これしかありませんでした。
ムンスターで宿泊というのは考えられなかったし、(そもそもホテルがあるのかどうか。)
どうせならムンスターに近い周辺の街に宿泊して観光したい。ということで、
南ドイツのヴュルツブルクから列車移動しやすい街が良くって、
候補に上がったのが、ハノーファー、ブラウンシュヴァイク、ツェレでした。
もうね、ドイツ鉄道のHPから時刻表を調べまくりましたよ。 
考えられる行き方すべて。
・・・そんなことで、ツェレを訪れたのでした。

ツェレからムンスターへは、途中、ウェルゼン駅で乗り換えて、約1時間30分。
博物館は10:00~18:00(17:00までに入館のこと)、ベルリンへ夜の早いうちに到着しなくてはいけないこと、Hotel zur Altstadtの朝食時間が8:00~だということを考えると、11:38到着の列車、つまり、ツェレ発10:06には絶対に乗らなくてはいけません。

ウェルゼン駅到着。
この駅は、有名な建築家だったかデザイナーだったかがデザインされた駅らしく、
なかなか楽しい建築物でした。
DSCN0186.jpg

ガウディの建築物のように曲線をふんだんに取り入れた遊び心満載のデザイン。
DSCN0184_20140930221156185.jpg

あと、そうそう。
肝心なことが抜けてました。

ムンスターの駅は、無人駅です。
そして、当然のことながら荷物を預けるロッカーがありません。

これは私、事前にドイツ鉄道で駅情報を調べていましたので、問題なく
乗換え駅ウェルゼンのロッカーに荷物を預けて身軽に博物館へ行くことができましたが、
ひとつ、問題を付け加えるとすると、
ウェルゼンのロッカーは時間制です。2時間で2ユーロだったかな?そのあと時間毎に1ユーロ。
私たちは合計6ユーロ支払いましたよ。
それでも、戦車を見るのに荷物を持ってウロウロするのは、避けたいですよね。

のどかな景色を楽しみながら、
ムンスター駅到着。 似た街にMünsterがありますので間違わないでね。

無人駅。
ほんとに誰もいない。
DSCN0234.jpg


こんなにスッキリした黄色い時刻表は初めて見た。
ホントに発着の本数少ない。
DSCN0235.jpg


博物館へは駅から徒歩20~25分くらいなので、全然歩ける距離です。

駅を出てすぐの通りを左の方向にまっすぐ歩きます。
DSCN0187.jpg


ひたすら歩き続けると、パンツァーミュージアムの案内板が見えてきます。
中央のこれ、博物館のロゴマーク。
DSCN0188_20140930221201fef.jpg


さらに歩くと、
見えてきました。


ええ?! 道端に戦車。
DSCN0189.jpg


パンツァーミュージアム到着です。
ひっそりしているように見えますが、館内は家族連れや男の子たち、その手のマニアたちで、なかなか賑わっていました。 でも、私たちみたいな東洋人の母娘はいませんでした><;
DSCN0191.jpg


小型の20tくらいの戦車から、人気のタイガーなど大型で80tもあるような戦車が
ズラ~っと、並んでるんです。

それは戦車のことを全く知らない私でも感動でした。

DSCN0192.jpg
DSCN0198.jpg
DSCN0201.jpg
DSCN0204.jpg
DSCN0206.jpg
DSCN0207.jpg
DSCN0214.jpg

何ていうんだろう、 あの匂い?
埃と油が混じったような・・・、
あれは戦車の匂いなのかな? 忘れられない匂いです。


屋外にある戦車は子どもたちに大人気!
中に入れるので、ずっと列を作っていました。
もちろん、うちの娘っちも子供たちに混じって戦車に入ってましたよ(笑)
DSCN0223_2014093022123309d.jpg


暇な私は、ブライスさんと遊んでました(笑)
DSCN0221.jpg


戦車に興味のない私でも、ぜんぜん退屈せず楽しく過ごせた博物館でした。
ご家族で行かれると良いと思います。

さてと、そろそろ時間がきましたので、
娘っち、名残惜しいでしょうが博物館を出て、駅へ。
帰り道、またもや雨が降ってまいりましたが、
駅に着く頃はスッキリ。 毎日天気に振り回されっぱなしです。('_')
DSCN0232_20140930221234fa6.jpg


ウェルゼンで預けた荷物をロッカーから出して、
旅の最終地点ベルリンへ向かいます。

ベルリンへの行き方も、ハノーファー経由にしようかどうか悩みましたが、
シュテンダル経由のほうが空いていて座れそうだったので、こちらを選びました。
まだ元気が残っていたら下車してシュテンダルの美しいレンガ造りのユンクリンガー門を見てみたかったのですが、戦車見すぎて疲れ、諦めました。

シュテンダルで乗り換え、ベルリンへ!
この列車に乗ります。
DSCN0237.jpg

次回、ベルリン編へ続く。
予期せぬハプニングが待ち受けているとも知らず・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
拍手&コメント、とても嬉しいです。


拍手コメント(鍵付きでない)には出来る限りお返事したいと思っていますが
遅くなる時もあります。ごめんなさい。
いただいた拍手コメの後ろにお返事書いています。
スポンサーサイト

ドイツ・ツェレ編~絵本のような可愛い街並み

09 29, 2014
ツェレ編、続きです。

北ドイツの小さな街ツェレ。
そして、ツェレといえば美しい木組みの家の街並み。

その中でも最も美しいと言われているのが、hoppener haus。
この家です。
DSCN0126.jpg


東山魁夷画伯が描かれた「ツェレの家」はまさにhoppener hausですよね。

DSCN0129.jpg


ツェレは大戦の被害を受けず、
このような美しい街並みが現存しているのですね。

DSCN0136_20140929003124310.jpg


どの通りを歩いても、
何度歩いても飽きなくて、

DSCN0138_201409290031243f1.jpg


写真撮りまくり。

カラフルに彩られた、そして、丁寧に手入れされた古い木組みの家々。

DSCN0151.jpg


どの家も、
どの通りも可愛らしくて、写真を撮らずにはいられませんでしたよ。

DSCN0154_20140929003146cf3.jpg


あいにくのお天気だったので空模様はパッとしないんですけれども。
DSCN0155_2014092900314902b.jpg


雨が降ったり止んだりで・・・。
画像にはないのですが、
雨宿りのために入った大型スーパー(例えるなら、イオンのような)は楽しかったですね。

DSCN0161_20140929003152fbe.jpg


その大型スーパーで、人の観察も楽しかったです。
14、15歳くらいの女の子たちがいたんですが、この子たちがね、
うちの娘っちのことを同年代と思ったんでしょうね、
無理もないです、身長150cmしかないし、
すっぴんだったし、ホットパンツはいて、耳の付いたリュック背負ってるんですから。
この”異国の女子”を、まあ、興味津々、上から下までガン見してました。^^;

DSCN0164.jpg


そのことを当の本人は全く気づいてませんでしたが・・。
なんていうか、その年頃の女の子って、お国は変われど同じなんですね。
反抗期の、いわゆる中2病と言いますか、難しいお年頃。
その年代の日本の子は扱い方に頭を抱えますが、ドイツの子も大変そうだな・・・
と、同じ母として、ドイツのお母様たちに同情したりして。

DSCN0158.jpg


大型スーパーのCD、DVDショップで、ドイツ語版(当たり前か、ドイツなんだから><)DVDが
めちゃめちゃ安くて、びっくり。
娘っち、大喜びで購入してましたが、ドイツ語わかるんかいな。

DSCN0165_201409290032219fc.jpg


この日の夜は、ドイツのアニメを見ながら部屋でゆっくりと過ごしました。
DSCN0178.jpg

ドイツのアニメは面白かったよ~
ブラックジョークのアニメ、ちょっとやりすぎ感あったけど笑ろた~。
アニメだからドイツ語聞き取れなくてもなんとなく言うてることわかるのね。


次は、ムンスターのパンツァーミュージアムへ行くよ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
拍手&コメント、とても嬉しいです。


拍手コメント(鍵付きでない)には出来る限りお返事したいと思っていますが
遅くなる時もあります。ごめんなさい。
いただいた拍手コメの後ろにお返事書いています。

ドイツ・ツェレ編~のどかさ漂う親しみのある街

09 27, 2014
母娘で旅したドイツ。
巡った街は、
デュッセルドルフ→ケルン→ヴュルツブルク→ローテンブルク(+クレクリンゲン、+デトバンク)
→ツェレ→ムンスター→ベルリン(+デッサウ)

北ドイツの小さな街ツェレにやってきました。
ツェレ中央駅から東へまっすぐ伸びるバーンホーフ通りを歩き、街の中心に向かいます。
ドイツ出発前に訪れる街の雰囲気をグーグルマップなどでひととおり見ていたのですが、
この通りはひっそりとして何にもなさそうなイメージをもっていたんですけれど、
実際は、飲食店なども並び、車の行き来もある一般的な通りでした。
DSCN0115.jpg

通りの北側、道沿いに広い公園があるのですが、
入口付近に本棚が設置されていました。
特に鍵もかかっていないし、無料で貸出してくれるなんて、
これを見るだけで、どんな街であるのかだいたいの想像がつきますよね?
DSCN0116.jpg


スーツケースをコロコロ転がしながら約20分。
ようやく街の入ぐ口付近まで来ました。
道路標識にBerlinの文字。旅の最終地点がだんだん近くなってきたって実感。
DSCN0118.jpg

あ、そうだ、
スーツケースについて。
私たちは移動の多い旅でしたので、荷物は最小限にとどめました。
スーツケースは機内持ち込み可能な小さなものにしていましたし、
ここに来るまでに訪れた街でも荷物になるような買い物をせず、とにかくコンパクトにしていました。
なので、移動時の負担は全くなかったです。
あ、それと、石畳の通りを歩くことも考えてコロコロ部分は頑丈なものを選ぶと安心です。
そういえば、これまでのところ、ハイヒール等かかとの細い靴を履いている人を見かけなかったな。
確かにあの石畳はハイヒールでは歩けんわ。
あと、ついでにいうと、ひらひらしたスカートをはいている人もいなかった。
パンツ率高い。っていうか、スカートはいてる人、いたっけか?
DSCN0120.jpg


街の中心部に到着。
すると、こんなに可愛い馬車が止まっていました。
とっても仲の良い2頭の馬さん。お顔をすりすりしています。
DSCN0121.jpg


この日もお天気が不安定。
また小雨がパラついてきました。
本格的に降り出す前に大急ぎでホテルへ・・・!
宿泊先は、Hotel zur Altstadt
家族経営の小さなホテルでした。
木組みが可愛い外観で・・・、って、ぎゃ><;写真撮影するの忘れた~(涙)
かろうじてお部屋の写真がありました。
DSCN0124.jpg
ウェルカムスイーツや、コーヒーメーカーも置いてありました。
ただ、コーヒーメーカーは日本で見たことがないタイプので、使い方がわからず・・。
このホテルのオーナーさん、めっちゃ、ええ声!でした。
声優さんのような、例えるなら「紅の豚」のマルコの声優さんみたいな低いハスキーボイスで、
シブかったです。
それから、可愛いおばあちゃま。
このおばあちゃまが色々面倒を見てくださったんですが、英語通じなくて・・。
娘っちの大学で少し学んだだけのドイツ語では太刀打ちできず、
筆談・・となりました。
でも、とっても可愛らしいおばあちゃまで、ほんとに親切にしていただきました。
今もあの笑顔が思い出されます。

雨が降っていましたが、街の散策に出かけました。
教会と教会の塔。
DSCN0134_20140927001135202.jpg

この教会の前の通りにある噴水が曲者で、
いつ水が上がるかタイミングがわからなくて、
しかも、道路とフラットな位置にあるんで、うっかりこの上を歩いてしまうとびしょ濡れになってしまう可能性あり!注意です。
画像右奥は市庁舎。
DSCN0140_201409270011374df.jpg


小さな映画館。
どこか懐かしい香りがしました。
DSCN0162_20140927001140ce2.jpg


カフェが並ぶ通り。
DSCN0150_201409270011412c0.jpg


お城。
見た目、小ぢんまりとしていてお城っぽくないところに好感が持てます。
お城の庭の小径は街の人のお散歩コースになっていました。
DSCN0168_201409270011541f2.jpg


なんだか可愛いおうち。
古いレンガと木組みがすごく好きです。
DSCN0175.jpg


次回、ツェレ編2へ続く。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
拍手&コメント、とても嬉しいです。


拍手コメント(鍵付きでない)には出来る限りお返事したいと思っていますが
遅くなる時もあります。ごめんなさい。
いただいた拍手コメの後ろにお返事書いています。
プロフィール

めいりん

Author:めいりん
大阪在住。
園芸歴20年以上。ちいさな花壇で季節の花を育てています。
ヒュー・ジャックマン大好き。

2006年秋にBlytheを迎えて以来、小さなお洋服作りを楽しんでいます。2010年から独学で1/6ドールハウスや家具を作り始めました(只今製作はお休み中)。

大阪を拠点としてマイペースに活動。ドール服作りワークショップの講師、国内外のドールイベント等に出展。
日本手芸普及協会認定・刺繍講師。
デンマークなどで刺繍を学ぶ。
************

当方へのご連絡は、お手数ですがブログ記事左下の拍手コメントよりお願い致します。その際、メールアドレスをお知らせ頂けましたら後日改めてご連絡させて頂きます。

************
◇◆過去の活動履歴◇◆◇

●2009 I・Doll West Vol.9
●2010 ドールショウ29秋
●2010 I・Doll West Vol.11
●2011 I・Doll West Vol.12
●2011 ドールショウ32秋
●2012 「ブライスサミット2012」
     Junie Moon
●2012 I・Doll West Vol.14
●2012 ドールショウ35秋
●2013/1「2013 Blessings展」
     代官山Junie Moon
●2013/3「Wonderful Alice展 Part2」
     代官山Junie Moon
●2013/5「Wedding Sweets展」
     代官山Junie Moon
●2013/6「Wonderful Alice Part4」
   大阪Salon de Junie Moon
●2013/7「ブライスサミット2013 The Selection」代官山Junie Moon
●2013/6  I・Doll West Vol.16
●2013/9 ドールショウ38秋
●2013/10「Scary Boo!」
   大阪Salon de Junie Moon
●2013/10「シブカル祭」
   渋谷LeLe Junie Moon
●2013/12「Christmas With Blythe展」
   代官山Junie Moon
「Have a Blythe Christmas」
   大阪Salon de Junie Moon
「Have a Blythe Christmas」
   渋谷LeLe Junie Moon
●2014/2~3 代官山Junie Moon
「Luv-able and Hug-able」
●2014/6~7 代官山Junie Moon
「Birthday Pop Beauty」
●2014/6 渋谷LeLe Junie Moon
「Birthday Natural Beauty」
●2014/6 Salon de Junie Moon
『Blythe Birthday Party』
●2014/9 ドールショウ41秋
●2014/10 I・Doll Taiwan
●2014/12『Pika Pika Christmas Party』Salon de Junie Moon
●2015/6~7 *Mayrin*個展「Little Dress」
●2015/10/24 I・Doll TAIWAN VOL.5
●2015/11/ 8 I・Doll West VOL.21
●2015/11 代官山 Junie Moon
「Nostalgic Library展」
●2015/12 Salon de Junie Moon
「Christmas tea party」
●2016/5/17~6/5*Mayrin*個展「Pretty flower garden」
代官山Junie Moon
●2016/6/25 Blythe Con Japan in Tokyo
●2016/8/14 Mr.Hoffmann’s Toy Box-(霍夫曼的玩具箱)
●2016/9 「True Alice展」代官山Junie Moon
●2016/12「Christmas tea party」Salon de Junie Moon
●2017/2/12 Sendai I・Doll VOL.5
●2017/6/4 I・Doll West VOL.24
●2017/6 「Flower Garden展」代官山Junie Moon
●2017/6/24 I・Doll TAIWAN VOL.8
●2017/8「Middie's Fun Party!」Junie Monn 堀江

◇◆◇お知らせ◇◆◇

●イベント参加
Junie Moon大阪・堀江
「One Together」
11月26日(日)~12月19日(火)

●Dolly convention -ドリーミィ☆トイボックス-
池袋・自由学園 明日館
12月23日(土)


※当ブログ内の画像、文言の転載は固くお断りいたします。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
web shop
FC2カウンター
カテゴリ
●Blytheと手作りの服 (259)
コート、ジャケット (58)
ワンピース (21)
フォークロア (9)
ピンタック (32)
スモッキング刺繍 (53)
刺繍いろいろ (26)
スカート、パンツ、その他 (54)
編み物 (5)
●Blythe(ネオ、ヴィン、プチ) (20)
●Junie Moonイベント (13)
●Blythe Con Japan in Tokyo (7)
●個展 (27)
●Shop (21)
●ドール服workshop (66)
●Blytheとイベント (52)
●1/6ドールハウス (85)
プロヴァンスの家 (22)
カントリーサイドの家 (8)
黄色い壁の部屋 (4)
花とピンクの壁の部屋 (3)
木組みの部屋 (6)
クラシカルな部屋 (3)
ミニミニドールハウス (3)
家具、小物 (36)
●ミニチュア小物 (16)
●旅するBlythe (178)
デンマーク<コペンハーゲン> (4)
デンマーク<ロスキレ> (3)
デンマーク<スカルス> (4)
デンマーク<ビボー> (1)
ドイツ <ミュンヘン> (15)
ドイツ <バイエルンお城巡り> (4)
ドイツ <ローテンブルク> (15)
ドイツ <ニュルンベルク> (12)
ドイツ <ドレスデン> (14)
ドイツ <デッサウ> (6)
ドイツ <ベルリン> (27)
ドイツ <ポツダム> (2)
ドイツ <デュッセルドルフ,ケルン> (4)
ドイツ <ヴュルツブルク> (4)
ドイツ <クレクリンゲン,デトバンク> (2)
ドイツ <ツェレ,ムンスター> (3)
上海 (6)
香港 (6)
台湾 (17)
東京ディズニーランド (3)
大阪散歩 (11)
素敵なお店・お宿 (10)
お気に入り (5)
◇Betsy McCall (3)
◆ダル (5)
◇ワンダ (7)
◆季節の花とドール(*´∀`) (53)
◇ハンドメイドetc (35)
◆お犬様U・.・U (37)
◇お気に入りの本(´ω`) (20)
◆海外お菓子´▽` (48)
◇台湾茶&中国茶 (7)
◆美味し~ぃ≧▽≦ (45)
◇素敵*・( ̄∀ ̄)・* (51)
◆日々のこと´▽` (84)
◇おもちゃ(´ω`) (23)
◆私のヒーロー (4)
◇アンゼリカ~天然石アクセサリー (1)
◆Krabat~手作り雑貨 (26)
未分類 (0)
最新記事
リンク
フリーエリア
天然石とアクセサリーのネットショップ 「アンゼリカ」
angelica-micchiちゃんのお店


ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ