自分を見つめ直すこと、将来について

08 13, 2011
お盆ですね。
ご先祖様、お帰りなさい。
明日、あさってとお墓参りに行くので待っててね。

私が今こうやって存在しているのはご先祖様のお陰。
そして、私はたった一人だけど子孫を残しています。
この子が将来子どもを産むのかどうかわからないけれど、ご先祖様からいただいたもの
は順番に受け継がれていくのですね。

1年のうちの節目とも言える行事。
終戦記念日も近いことだし、
「自分」について考えてみようと思う。
「私」=「お母さん」=「主婦」=「会社員」=・・・

そして過去のことに思いをはせたり、将来のことなど考えてみる。

私は短大を卒業してからずっと働き続けている。
働かなかった期間は娘の出産前後、たった数ヶ月だけ。
なぜ働き続けるのか? 
理由はたったひとつ。
「不安だから」

自分に収入がないことへの不安、家族に何かあったときの不安、将来の不安・・・。

だから、自分救済のために働いているのだ。
自分の将来について、初めて真剣に考えたのは22歳のとき。
ある出来事がきっかけだ。

DSC_1067.jpg

ある出来事とは、それは
「お見合い」
親はふつうに私が結婚して幸せな家庭を築くことを願っていた。
親なら当然のことだろう。

お見合いの相手の人は、今思うと、とても感じのよい人だった。
今でも、あの人と結婚していたらどうだっただろう?と思うことがよくある。
今とはまた違う人生を歩んでいたかもしれない。

お見合いがきっかけとなって
かつてないくらい真剣に自分の将来を考えた。
でも自分が結婚すること、主婦になること、母になること、それら全てについて
まったく想像ができなかった。
むしろ、
このまま結婚してもダメになりそうな、そんな思いばかりが募った。
「自分」について見つめ直す良いチャンスを与えられたと思う。

熟考の末、結局は結婚を丁重にお断りしたのだけれども。
あれは、私の人生の中でも重要なターニングポイントだったんだなと思う。

この出来事がきっかけで、自分は少しずつ変わっていったと思う。
働きながら、夜間と休日は専門学校に通った。
無性に勉強したくなったのだ。
そして技術を身につけるためにも。

その後、旦那と出会って納得がいく(?(笑))結婚をしたのだけれども・・・^^;
そうえいば、娘を妊娠中、私は国家資格をとるための勉強していた。
子どもができたら、それこそ数年は自分のために何かをするなんて、まず無理だから。
娘が力を借してくれたのかな。試験は合格。
でも、その資格、今役立っているのかどうか、疑わしい・・・(苦笑)

ところで、私はいつまで働き続けるのだろう。
時間に束縛されて、不景気の影響をもろ受けている社内で少々ストレスをかかえて。

ひとつの区切りとして、
娘が自立したとき、かな?
もう何も不安はないと、感じたとき。 潔く退職しよう。と思う。

DSC_1069.jpg

将来について、
特に人生の折り返し地点にいることから、若いときには全く考えなかったことを考えるようになった。
というか、考えざるを得ないというか・・・。
親もだんだん年老いてきたし。
お犬様も老犬だし。

そして、うちの子どもは娘一人だ。
将来的に娘におんぶに抱っこと甘えるわけにはいかない。
なので、旦那と2人、老後は誰にも迷惑をかけず暮らすことができるよう、努力の最中だ。

娘には常日頃から「親のことは気にせず自由にしたらいい」と言っている。
「住むところも日本に限らなくても良いし、」と。
「あんたに重荷にならんよう、お父さんと2人で迷惑かけないよう暮らすから。」と。
でも、「そのかわり、あんたには何にも残せない。」とも言っている。

娘にはちゃんと自立してほしい。
欲を言えば、結婚をしてほしい。
旦那も私もこの世を去ってしまったら、娘が一人ぼっちにならないように。
そして、いつか娘がきちんとした家庭を築くことを見届けたなら、
私は老人介護ホームで余生を全うし、笑顔で息絶えよう。

そして、そんな将来を考えて、時にせつなくもなる。

↓↓よろしければクリックしてください。嬉しいです*´∀`)
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村ランキング参加中

駄文におつきあい、ありがとうございました。

拍手&コメント楽しく拝見しています。とても励みになります。
関連記事
スポンサーサイト
14 Comments
By 08 13, 2011 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By 08 13, 2011 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By 08 14, 2011 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By ふうか08 14, 2011 - URL [ edit ]

不安で働くというのは私も同じ考えです
でも私の場合結婚した後はパートばかりだったので
子供と一緒に居られた時間はあったと思います。
妊娠して仕事を辞めていた時にゆっくり歩いて買い物をしていたら
道端の木やお花に目がいき「あぁ今までこんな道端の木も季節の
変化も見逃してたな」なんて思いました。
めいりんさんは趣味もあるし仕事を辞めてリタイアしても
色々な講師として趣味の先生ができますね
趣味を持っている患者さんは80歳過ぎてもみなさん元気で
生き生きしてますv-411

By 08 15, 2011 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By めいりん08 16, 2011 - URL [ edit ]

8月13日の鍵コメさん
コメントありがとう~♪
やっぱりそうですよね。自分の子どもには負担をかけたくない思いって
ありますよね。
ほんとそう、子どもたちが大人になる頃、日本の経済はどうなっているか
わからないけれど、良い見通しではないですよね・・・。悲しいことだけど。
なので、金銭的な負担も絶対かけたくないって、そうも思います。
ご主人のお母様、大丈夫ですか?
自分たちの親も年老いて行きますし、心配なことが山積みですよね。
家族に病人がでると、たちどころに不安になります。気持ちわかります。
実父や義父が手術をしたとき、そうでした。
"いつか”が来たとき、悔いのないようしたいものです。

By めいりん08 16, 2011 - URL [ edit ]

8月13日の鍵コメさん
コメントありがとう~♪
はい、ずっと働いています、、、20代の頃は特に無我夢中でした。
子どもを産んだ当初はとくに。
自分になりふりかまってられない数年でしたっけ。
旦那の協力があったからここまでやってこれたのです。
なんだかんだ、ムカツクこともあるけど(笑)2人でしんどいときを乗り切った
っていう、なんていうか絆みたいなものがあります。
鍵コメさんもいつかコウノトリさんが運んできてくれます、きっと。
私もそう思います。流れのままに生きていけたらって。
若いときはどちらかというと、生き急いでいたところがあります。もったいないことしたなって
思います。今になって気付くことができたんですけど、気付かせてくれたのは亡き弟です。
悲しいことだったけれども一厘のキラキラ輝く花を見つけさせてくれました。
鍵コメさん、ありがとう。
娘への気持ちも大事にしたいと思っています。

By めいりん08 16, 2011 - URL [ edit ]

8月14日の鍵コメさん
コメントありがとう~♪
いやいや~、エネルギッシュというか、無我夢中で今まで生きてきたような・・・。
人生の計画というか、具体案はなくって、どちらかというと漠然としたイメージを持ってて
それに向かって行動しているほうが近いです^^;
私はいつも保険的なものを常にもっていないと、不安を感じる性質なのです。
だから、ひとつのことに卓越しているというのが全くなくって、逆に卓越した何かを持って
いて一筋に頑張っておられる人を尊敬します。
私は、今を見つめる、ということがとても大事だと思います。
子育ては得に。将来はどうだ、ああだ、と考えすぎると余計な不安ばかり駆り立てることになるし・・・。
私の場合、でくることなら、娘が小さいときの、娘とのあの頃の時間を取り戻したいです。
もっともっと楽しみたかったなあ。。。
今はあの頃よりもたくさん会話はしているんですけど、やはり悔やまれます。
節目という時期にいろいろ考えてみるというのも発見があったりしてよいものです。
画像は特別な意味はなかったりして・・・(汗)
でも、そうですね、例えるなら、私と旦那の老後。ですかね^^;

By めいりん08 16, 2011 - URL [ edit ]

ふうかさん
コメントありがとう~♪
そうなんですね、ふうかさんも不安だから働いておられるのですね。
やはり、そのような気持ちで働いておられる人は多いのでしょうね。
ふうかさんの道端のお花の発見、そして感動。なんていう気持ち、わかりま*^^*
私の場合、それに気付いたのはもっと遅くて、7年前、弟を亡くしたときでした。
あのときに夜の月や星の光、夕焼けの美しさ。そういった自然の作る四季折々の
変化に感動したものでした。と同時に自分のちっぽけさを痛感したり・・・。
今はとにかくスローライフに憧れます!
早く時間に追われる生活から解放されたいです。いつのことかな。
いつか叶うといいなあ。
そうですよね、趣味を持つことは良いことですよね~、やっぱり。
元気で明るく年をとるために、健康には留意したいですよね。

By めいりん08 16, 2011 - URL [ edit ]

8月15日の鍵コメさん
コメントありがとう~♪
私のつたない文章に共感していただいて嬉しいです~
やはり、心配なのは老後ですよね。そして、だれにも迷惑かけず、負担かけず
そして安心して老後を迎えたいものです。
なので、老人介護ホームなどいうところも選択肢のひとつですよね。
看護師さんたちがいつも見ていてくださっているのなら少なくとも病気に関しては
安心ですし。。
それに同じような境遇の方もいらっしゃったら仲良くもなれるでしょうし、
いろんな出会いがありますものね。
出会いはいろんな意味でとても良い刺激になりますし、ボケ防止?にもなるかもですよね。
そうなんですか、こういった考え方は北欧の人たちの考え方なのですね。
「老人になって介護の苦労は家族にはさせたくない。それがお互いに幸せなこと!」
私もすごく共感します、この言葉。すごく素敵です。
家族の介護は想像を絶する大変さだと私も思います。
仕事とは違って、四六時中ですから、心身ともくたくたになるでしょう。
もちろん介護一切なしで一生を終えるのが理想なのですけど、こればかりは予測不能ですものね。
お互いにどうすれば幸せになれるか。。考えるとやはり別々に暮らすことなのかもしれません。

本当にそのとおりですね、健康でいたいものです。

By tommy08 22, 2011 - URL [ edit ]

記事読んで泣きそうになりました。

私は、自分の先が見えなくて不安です。

既婚者の友達は、自由な私を羨ましがったりもするけど、
一生独りで生きていくことを考えたりもします。

仕事が、というか職場環境がツラすぎると、
私は何のために働いているんだろう、って思います。

特に守るべきものがあるわけでもなく、
自分のお金は自分のために使い、
それなら、ここまで我慢して働く必要もないんじゃない?
とも思ったり。

色々思うことはあるけど、
悩んでいるのは自分だけじゃない! ので、
前向きに、くじけないで進んでいけたらなぁ、って思います。

By めいりん08 22, 2011 - URL [ edit ]

tommyちゃん
コメントありがとう~♪
わ・・・、そんな、泣かないでね~ 
将来のこと、いろいろ考えると不安ばかり募りますよね。
既婚者は既婚者なりの、独身者は独身者なりのそれぞれの悩みというものがありますよね。
私の職場の独身女子たち、最近では「孤独死」について語ってました^^;
とくに30代半ばを越えると職場での自分の立ち居地とか、真剣に悩んでいるようです。
50歳を越えるとこれまた開き直っておられますが・・・。
結婚もしたい気はあるけど、出会いがないと言ってますし。
1人で暮らすことは気が楽でよいから今更だれかと暮らすなんて。とも言ってます。
要は、必要なのは結局のところ、一生涯で使う生活費なのですよね。
それに困らないという保障があるならいつだって仕事を辞めれますし、
結婚だって必死になって相手をさがさなくったってよいわけですから。
でも、それがなかなかできないから、みんな色んなところで悩むわけです。
tommyちゃんが思い悩んでいることと同じことを職場の独身女子たちは思っているようです。
私もね、結婚前は本気で「1人で生きていくこと」を考えたときもあります。
いつだって最悪バージョンは考えておかないと余計に不安になるので、つい考えてしまうわけですが。。。
そんなわけで今の職種を選んで仕事してるんですけど・・・。
これでよかったのかな~?って自問しては答えがでないままです。
そうそう、前向きにいきましょう。
とりあえず今、困窮していないのならOKですよ*^^* ね? 

By 08 23, 2011 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By めいりん08 25, 2011 - URL [ edit ]

8月23日の鍵コメさん
コメントありがとうです。
そうですよね、人間、年を重ねれば重ねるほど、多岐にわたっていろんな悩みがでてきます。
若い頃の悩みなんて、今思うとつまらない悩みでした(苦笑)
そうなんですか・・・。ご主人、体調を崩されてるですか・・・
心配ですよね。 このご時勢ですから会社で受けるストレスは半端ないですもの。
みんな病気にならないほうがおかしいんじゃない?って思えるくらいです。
私の職場でもそうです。殺伐とした空気が漂ってたりしますよ。
以前と比べるととても居心地悪いですしね。。。
私はそれこそ、いつ辞めてもいいや、くらい気楽に構えてますが、一家の稼ぎ手である男性は
たいへんです。あの人たち、ほんとスゴイですよ。
家族を養うということ、それができるということ、当たり前のようですがスゴイことだと思うのです。
3日徹夜してとか、連続深夜残業とか、発注者からのダメだしとか、会社からのノルマとか、
それから、それから・・・。 
でも、それら全ての障害を時間かけてでも片付けていく姿を見ていると頭が下がります。
この人たち、果たして休まる時間あるんだろうか???ってこちらが心配になるくらいで。
うちの場合、旦那が昨年失業しました。
1年近く就職活動をして、なんとか今は働いてますが、時給だしボーナスもないので収入は
もちろんダウン。大卒初任給くらいですかね。
なので、私が大黒柱(?)なのですが、^^; ここにきて、私が働き続けてきたことがやっと
役立つときがきたというか・・・(苦笑)
まあ、人生いろいろ。。。^^;
うちの娘は、私の姿を見て、「いつもしんどそうだから、お母さんみたいな仕事はしたくない」
って言い切ってます(笑) いっしょに住んでるとそんなもんです。
鍵コメさんのご主人、快方に向かうこと、心より祈っています。
優しい鍵コメさんの言葉にとても、とても励まされていると思いますよ。
ご主人は素敵な奥さんを持って幸せですね*^^*

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

めいりん

Author:めいりん
大阪在住。
園芸歴20年以上。ちいさな花壇で季節の花を育てています。
ヒュー・ジャックマン大好き。

2006年秋にBlytheを迎えて以来、小さなお洋服作りを楽しんでいます。2010年から独学で1/6ドールハウスや家具を作り始めました(只今製作はお休み中)。

大阪を拠点としてマイペースに活動。ドール服作りワークショップの講師、国内外のドールイベント等に出展。
日本手芸普及協会認定・刺繍講師。
デンマークなどで刺繍を学ぶ。
************

当方へのご連絡は、お手数ですがブログ記事左下の拍手コメントよりお願い致します。その際、メールアドレスをお知らせ頂けましたら後日改めてご連絡させて頂きます。

************
◇◆過去の活動履歴◇◆◇

●2009 I・Doll West Vol.9
●2010 ドールショウ29秋
●2010 I・Doll West Vol.11
●2011 I・Doll West Vol.12
●2011 ドールショウ32秋
●2012 「ブライスサミット2012」
     Junie Moon
●2012 I・Doll West Vol.14
●2012 ドールショウ35秋
●2013/1「2013 Blessings展」
     代官山Junie Moon
●2013/3「Wonderful Alice展 Part2」
     代官山Junie Moon
●2013/5「Wedding Sweets展」
     代官山Junie Moon
●2013/6「Wonderful Alice Part4」
   大阪Salon de Junie Moon
●2013/7「ブライスサミット2013 The Selection」代官山Junie Moon
●2013/6  I・Doll West Vol.16
●2013/9 ドールショウ38秋
●2013/10「Scary Boo!」
   大阪Salon de Junie Moon
●2013/10「シブカル祭」
   渋谷LeLe Junie Moon
●2013/12「Christmas With Blythe展」
   代官山Junie Moon
「Have a Blythe Christmas」
   大阪Salon de Junie Moon
「Have a Blythe Christmas」
   渋谷LeLe Junie Moon
●2014/2~3 代官山Junie Moon
「Luv-able and Hug-able」
●2014/6~7 代官山Junie Moon
「Birthday Pop Beauty」
●2014/6 渋谷LeLe Junie Moon
「Birthday Natural Beauty」
●2014/6 Salon de Junie Moon
『Blythe Birthday Party』
●2014/9 ドールショウ41秋
●2014/10 I・Doll Taiwan
●2014/12『Pika Pika Christmas Party』Salon de Junie Moon
●2015/6~7 *Mayrin*個展「Little Dress」
●2015/10/24 I・Doll TAIWAN VOL.5
●2015/11/ 8 I・Doll West VOL.21
●2015/11 代官山 Junie Moon
「Nostalgic Library展」
●2015/12 Salon de Junie Moon
「Christmas tea party」
●2016/5/17~6/5*Mayrin*個展「Pretty flower garden」
代官山Junie Moon
●2016/6/25 Blythe Con Japan in Tokyo
●2016/8/14 Mr.Hoffmann’s Toy Box-(霍夫曼的玩具箱)
●2016/9 「True Alice展」代官山Junie Moon
●2016/12「Christmas tea party」Salon de Junie Moon
●2017/2/12 Sendai I・Doll VOL.5
●2017/6/4 I・Doll West VOL.24
●2017/6 「Flower Garden展」代官山Junie Moon
●2017/6/24 I・Doll TAIWAN VOL.8
●2017/8「Middie's Fun Party!」Junie Monn 堀江

◇◆◇お知らせ◇◆◇

●イベント参加
Junie Moon大阪・堀江
「One Together」
11月26日(日)~12月19日(火)

●Dolly convention -ドリーミィ☆トイボックス-
池袋・自由学園 明日館
12月23日(土)


※当ブログ内の画像、文言の転載は固くお断りいたします。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
web shop
FC2カウンター
カテゴリ
●Blytheと手作りの服 (259)
コート、ジャケット (58)
ワンピース (21)
フォークロア (9)
ピンタック (32)
スモッキング刺繍 (53)
刺繍いろいろ (26)
スカート、パンツ、その他 (54)
編み物 (5)
●Blythe(ネオ、ヴィン、プチ) (20)
●Junie Moonイベント (13)
●Blythe Con Japan in Tokyo (7)
●個展 (27)
●Shop (21)
●ドール服workshop (66)
●Blytheとイベント (52)
●1/6ドールハウス (85)
プロヴァンスの家 (22)
カントリーサイドの家 (8)
黄色い壁の部屋 (4)
花とピンクの壁の部屋 (3)
木組みの部屋 (6)
クラシカルな部屋 (3)
ミニミニドールハウス (3)
家具、小物 (36)
●ミニチュア小物 (16)
●旅するBlythe (178)
デンマーク<コペンハーゲン> (4)
デンマーク<ロスキレ> (3)
デンマーク<スカルス> (4)
デンマーク<ビボー> (1)
ドイツ <ミュンヘン> (15)
ドイツ <バイエルンお城巡り> (4)
ドイツ <ローテンブルク> (15)
ドイツ <ニュルンベルク> (12)
ドイツ <ドレスデン> (14)
ドイツ <デッサウ> (6)
ドイツ <ベルリン> (27)
ドイツ <ポツダム> (2)
ドイツ <デュッセルドルフ,ケルン> (4)
ドイツ <ヴュルツブルク> (4)
ドイツ <クレクリンゲン,デトバンク> (2)
ドイツ <ツェレ,ムンスター> (3)
上海 (6)
香港 (6)
台湾 (17)
東京ディズニーランド (3)
大阪散歩 (11)
素敵なお店・お宿 (10)
お気に入り (5)
◇Betsy McCall (3)
◆ダル (5)
◇ワンダ (7)
◆季節の花とドール(*´∀`) (53)
◇ハンドメイドetc (35)
◆お犬様U・.・U (37)
◇お気に入りの本(´ω`) (20)
◆海外お菓子´▽` (48)
◇台湾茶&中国茶 (7)
◆美味し~ぃ≧▽≦ (45)
◇素敵*・( ̄∀ ̄)・* (51)
◆日々のこと´▽` (84)
◇おもちゃ(´ω`) (23)
◆私のヒーロー (4)
◇アンゼリカ~天然石アクセサリー (1)
◆Krabat~手作り雑貨 (26)
未分類 (0)
最新記事
リンク
フリーエリア
天然石とアクセサリーのネットショップ 「アンゼリカ」
angelica-micchiちゃんのお店


ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ